tegelog

工場勤務系ブロガー。アウトドア、おいしいごはん、楽しいことが好き。テレビよりもyoutube派。

この夏やりたいこと

f:id:tegelog:20160801212742p:plain毎年、夏期休暇は実家の九州に帰省して実家で

ゴロゴロ過ごすというのが、定番の過ごし方になっていたんですが

なんか毎年こうだらだらと過ごすのも違うなーと思い、

今年の夏はいつもと違う過ごし方をしたい、アクティブに過ごしたい

という衝動にすごく駆られていました。

 

というのも僕はブログの紹介文に書いているように大手製造業に勤めておりまして、

特にこれといった趣味もなく、毎日会社と家の往復で1日1日が過ぎて行くため

なんの変化もない平凡な日々を過ごししている自分がいて

そこで思ったのが「今年の夏はアクティブに過ごしたい」です。

 

刺激が欲しいんです。人間って刺激とか変化求めたがりませんか?

サラリーマンにとって貴重な長期連休を毎年だらだら家で過ごすって

ちょっともったいないなぁと感じている自分がいました。

ということで

 今年の夏は上高地から涸沢まで登山に挑戦します

 

上高地(かみこうち)とは、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地である。中部山岳国立公園の一部ともなっており、国の文化財特別名勝特別天然記念物)に指定されている。標高約1,500m。全域が松本市に属する。

涸沢カール(からさわカール)は、長野県松本市安曇にある日本有数の

氷河圏谷である。 *通称 涸沢

 

1日目 上高地→涸沢  涸沢にてテント泊

2日目  涸沢→上高地 →帰宅

という日程で行く予定です。

 

ちなみに1日目はどういう場所でテント泊するかというと・・・

ゴツゴツした岩の上にテント張る予定です。

他のサイトから画像転載しようと思ったのですが、著作権等のルールが

よくわからなかったので後日撮影してきた写真を載せます。

気になる方は 涸沢 テント で検索してみてください。

テントを抱えての登山になるので相当ハードな道のりになる予感がしております。

  

ちなみに僕が前回上高地に行った時に撮影した写真がこちらです。

f:id:tegelog:20160731150356j:plain

f:id:tegelog:20160731150503j:plain

f:id:tegelog:20160731151511j:plain

やばくないですか?めっちゃ綺麗でしょ。

 

今見返しても本当綺麗ですよね〜  一眼レフが買ってから行こうかな。 

上高地は避暑地として本当オススメです。キャンプ場もあるから本当良いところです。

 

ただ登山、キャンプするためには ザック、テント、シュラフ、靴、帽子、インナー等

様々なアウトドア用品を用意しないといけないので、それもまた準備編として

別の記事にあげたいと思います。

 

いくらくらい掛かるんだろう・・・

どこで買えばよいんだろう。いい悩みですよね笑

 

趣味など何かをやり始めるってことは本当お金がかかるものです。

 

ですが、それらにはお金では手に入らない達成感や充実感が絶対あるはずなので

躊躇せずにしっかりいるモノといらないモノを判断して準備したいと思います。

 

準備するだけでもワクワクします。このワクワク感って大事ですよね。

年を取ってもこのワクワク感を忘れていない自分がいるとよいなー

 

っと実はまだこの夏にやりたいことがありまして。

 

それはスピアフィッシングです。

 

スピアフィッシング(英語:spearfishing)とは、素潜り水中銃を用いて魚類を捕らえる水中スポーツの1つである。スピアとは英語で魚突きのためのヤスを意味する。

スポーツとしてのスピアフィッシングにおいては、生態系保護の観点から、あらかじめ競技が可能な時間、場所、対象魚類の種類や大きさ、捕獲数の上限などが定められており、漁獲を主たる目的に銛や水中銃を用いて行なう銛突き(銛刺し)とは区別される。

 

めっちゃ楽しそうじゃないですか?とったどーとかは別にどうでも良いんです。

フィンを付けて自由に海を泳ぎ回りたい

水中に自由に泳ぎ回る魚を見たいのが本望です。

これまたお金がかかるんですけどね。。

 

シュノーケルセット、ウェットスーツ、フィン、銛等・・・。

天候、潮の流れにももちろん注意せねばなりません。

初心者だと素潜りポイントも分からないですし、

さらに神奈川、東京は水中ゴーグル付けての素潜り漁は禁止だとか。

静岡辺りの条例は知りませんが、始めようにも問題が山積みなんですよね。

 

誰かはてなブローガーの方でスピアフィッシングされている方いないかな。

 

スピアフィッシングに関しても体験したら記事にしてあげるので、見ている方がいるかはわかりませんが、お楽しみにしててください。